試験資格取得方法

看護師になりたいと考えている方は、「これから、学校などに通って看護について学んでいきたい」と考えている方もいると思います。
これから、試験資格を目指す方にとっては、試験資格取得方法が分からない方もいると思います。
実は、看護師免許を取得する際には、様々な方法があります。そのため、自分に合っている方法を選んでいくことも大切。
では、看護師を目指している方の試験資格取得方法について、ご紹介しましょう。看護師というと、「看護学校に通えば良いのでは?」と思われる方もいると思いますが、意外にも試験資格取得には様々な方法があります。
まず、看護師免許というのは、いつでも、誰でも受験できるわけではありません。看護師免許の試験を受けるためには、学校で最低でも3年間学んでいなければ、受験資格を得ることは出来ません。
そのため、学校で学び、受験資格を得ることが必要となります。どういった学校で学ぶことが出来るかというと、看護専門学校です。看護専門学校には、看護短大、看護系の大学があります。
専門学校や看護短大の場合には、3年。看護系の大学に通う場合には、4年間通うことが必要。もちろん、これらの学校に入学するためには、入学試験に合格することが必要となります。
「看護系の大学の場合には、1年多く通わなければいけないんだ」と思われる方も多いと思いますが、その分保健師の勉強も行うことができ、資格取得も目指すことが出来ます。
このように、看護師になる際には、様々な方法があります。何を目指すのか、どういった勉強をしていきたいかを考え、どういった学校に通うか検討していくと良いでしょう。より、仕事の幅を広げたいと考えている方であれば、看護系の大学を選んでおくことで、プラスの資格を目指すことも期待出来ますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です