自分の言葉で伝えられるかを試す勉強法

看護師資格を目指している方は、「学校の友達と、一緒に勉強をすることもある」という方もいると思います。「友達と勉強をしていると、分からないことなども聞けるから安心」と思っている方も多いでしょう。同じ資格を目指す仲間と勉強するのは、とても心強いものですよね。
しかし、看護師の仕事というのは、医療用語が分かる方に説明するわけではありません。時には、患者さんに説明などをすることも求められますから、自分の言葉で伝えられるかも大切。
では、試験勉強の際の自分の言葉で伝えられるか試すという勉強法について、ご紹介しましょう。
看護師資格を目指す際には、やはり多くの医療用語を覚えていくことが必要ですよね。過去問題などを解く際にも、多くの医療用語を用いながら解答していくことになるでしょう。
しかし、勉強をする際には、医療用語などが分からない患者さんにも分かるように、自分の言葉でどう伝えられるかも学んでおくと良いでしょう。自信を持って、自分の言葉で伝えることが出来れば、試験問題なども自信を持って解答出来るはず。
「どういった勉強方法を取り入れると、自分の言葉で伝えられるだろう?」と思われる方もいると思いますが、そんな時にはご家族などにも協力してもらい、「こんな風に伝えると、意味が分かる?」と確認してみると良いでしょう。医療知識のないご家族でも理解出来れば、自分の言葉で伝えることが出来ているということですから、自信を持てるでしょう。
看護師というのは、多くの医療知識を身に着けていくことが必要となりますが、時には患者さんに分かるように伝えていくことも必要ですから、自分の言葉で伝えられるかも重要となってきます。
医療知識のない方にも分かるように伝えられるようになれば、より試験なども理解しやすくなるはずですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です